更年期障害は医療機関で治療する【健康体をキープ】

医療器具

内臓疾患による腰の痛み

女性

腰痛は腰の周りの筋肉疲労や神経痛が原因のものと、内臓疾患が原因のものに分けられる。筋肉痛や神経痛が原因の腰痛は整形外科で治療することができ、内臓疾患が原因の腰痛は内科の病院で治療できる。行徳の内科の病院では、内臓疾患が原因の腰痛の治療を行っている。内臓疾患の腰痛の原因は胃腸の疾患である場合が多い。行徳の内科で胃や腸の病気を治療することによって、腰痛を治すことが可能になる。行徳の内科の病院では、内視鏡検査や超音波検査を行っており、より精密に胃や腸を検査をすることができる。検査で腰痛の原因が特定できると、薬物療法等によって治療を行う。腰の痛みは胃がんや大腸がんが原因になる場合もある。行徳の内科の病院はがんの検査や治療も行っており、胃がんや大腸がんを治すことができる。

行徳の内科の病院は、内臓疾患が原因の腰痛を治療することが可能である。行徳の内科は腰に痛みのある患者からの人気が高く、内臓疾患を治療することによって、腰の痛みを改善することができる。行徳の内科の病院では、MRIや超音波検査で内臓疾患の検査をすることができる。行徳の内科の病院は、MRIなどの最先端の精密検査が受けられるため、患者からの人気は非常に高い。腰痛と関連のある内臓疾患には、慢性胃炎や胃潰瘍、胆石症や腹部大動脈瘤などがある。行徳の内科ではこれらの内臓疾患を治療することができ、外科手術が必要な場合は、信頼できる外科の病院を紹介してくれる。便秘によっても腰が痛くなることがある。行徳の内科では便秘の治療も行っており、便秘で悩んでいる人からの人気が高い。便秘が治ると腰痛も自然と治る。