更年期障害は医療機関で治療する【健康体をキープ】

医療器具

学ぼう、脳の検査

医者

脳の疾患が増えています

脳ドックとは、人間ドックの脳に特化したタイプのもので、脳の疾患の有無や疾患に発展しそうな部位の特定などが可能な検査です。近年、脳血管疾患の患者は増加傾向にあります。これは高齢化と生活習慣病が原因で、高齢化により人間の血管は硬くなり、血圧は上昇します。生活習慣病により、血栓ができやすくなったり、脳血管にアテロームができたりすることがあります。このような状況が今後も続く場合、予防活動も増加するものと考えられます。現に、脳ドックの受診者は年々増加傾向にあり、近年では国外から検査のために来日する人も増加しています。そのため、今後脳ドックの利用者数は増加していくと考えられます。これにより、脳血管疾患を予防できる人の数も増加すると考えられます。

自分にあった検査を選ぶ

京都で脳ドックを受ける場合、どのような脳ドックを受けるかをまず決定することが大事です。京都には様々な脳ドックがあり、一日で終わるものもあれば、ホテルなどでゆっくりとくつろぎながら二日で行えるものもあります。またコストも考慮すべき点になります。脳ドックは健康保険が適応されないからです。もし脳に病変があるならば適応されますが、それは治療に対してであって脳ドックに対してではありません。これらをよく考慮することで自分の仕事や経済的な負担に合った脳ドックが受診可能です。京都の脳ドックは、京都市内の中心部に集中しています。そのため、アクセスは地下鉄やバスが中心になると考えられます。京都の南部に在住の方は、京都市内より大阪の方がアクセスが良い場合があります。