更年期障害は医療機関で治療する【健康体をキープ】

看護師

咽にできる悪性腫瘍

病棟

咽頭がんは飲酒、喫煙、ウイルス感染によって発症します。上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つの部位に発生し、最も多いのが下咽頭がんです。発生部位によって原因と症状が異なります。ウイルス感染によって発症するのは上咽頭がんのみです。別の病気の検査で偶然発見されることが多いと言われています。

読んでみよう

内臓疾患による腰の痛み

女性

行徳の内科の病院は、内臓疾患が原因の腰痛を治療することができる。行徳の内科では、MRIや超音波検査などの最先端の精密検査を受けることができ、患者からの人気は非常に高い。内臓疾患の治療が完了すると、腰痛も自然と治る。

読んでみよう

更年期にかかる病気とは

女性

JOH&PARTNERS

大阪で健康診断をする時には最新の機械を使用しているここを利用しましょう。体の隅々まで検査することが可能です。

更年期は、40代後半から50代前半までの女性が多く発症する病気です。この病気は、片頭痛や、のぼせ、めまい、イライラなどあらゆる症状があらわれます。軽いうちはいいのですが、進行すると高血圧や脂質異常、糖尿病などの病気を発症する可能性があります。さらに動脈硬化なども発症しやすくなり、脳梗塞などの脳の血管の病気を引き起こしたりするのです。これは、治っても麻痺などの後遺症が残ってしまう重大な病気です。更年期障害で女性が発症しやすいのは骨粗しょう症があります。更年期障害は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が減少して起こる病気ですが、これが骨にも影響するのです。骨の新陳代謝がうまくいかなくなり骨がもろくなってしまいます。

更年期障害により、骨密度が減少して骨がもろくなることにより関節炎になったり、歩行が困難になったりします。骨折しやすくなり回復にも時間がかかるようになります。骨粗しょう症は、更年期障害の中でも特に大きな問題となっているのです。この治療は、おもに薬物療法が行われ、骨が壊れるのを防ぐ薬が処方されます。そのほかに骨をつくる薬や痛み止めなども使われます。手術も行われる場合があり、壊れた関節の代りに工関節を入れる治療などがあります。また、更年期障害は、うつ病など精神的な病気を発症することもあります。うつ病は重症化すると対人恐怖症になったりひきこもりになったりします。社会生活がまともにできなくなることもあるので、心療内科などでのカウンセリングが必要となります。

学ぼう、脳の検査

医者

高齢化や生活習慣病は脳血管疾患の原因となる。近年、高齢者や生活習慣病の方が増加しており、脳血管疾患を予防しようと、今後脳ドックを受ける人の数が増加すると考えられる。脳ドックの期間やコストを知り、自分に合ったものを選択すべきである。京都の脳ドックは市内に集中しており、地下鉄などでのアクセスとなる。

読んでみよう